TEKK.coについてのご案内はこちら

PCの調子がおかしかったのはマザーボードが原因でした

気温が低くなってきてからというもの、PCが1発で起動しないとか、スリープから復帰させようとするとフリーズするというような事を繰り返していた私のPCでしたが、その原因はマザーボードの不良でしたね。マザーボードを換えてみたらあっさりと直りました。

PCを新調する前に原因の特定がしたかったのでマザーボードを交換


寒くなってきてから調子が悪くなってきていた私のPCでしたが、マザーボードの交換であっさりとその問題は解決しました。
この問題についての関連記事はこちらこちら

マザーボードが原因でPCの調子が悪くなるというのは、今回のことでかなり勉強になりました。
しかも寒さに弱いなんてことも知れたので、問題が発生してよかったと思える点もありますね。
この辺の知識は全然浅いもので知らないことがたくさんあるんですよね。
まぁ、そんなもん少しずつ覚えていけばいいじゃん、とは思いますが。
 

マザーボードは前のよりちょっと性能のいい物を


交換したマザーボードは、かなり旧世代のLGA775ソケットの物なんですが、前に使っていた物より少しだけ新しい物にしました。
それでも発売が2008年のマザーボードなのでかなり古いですね、今年は2016年なので8年も前の物ですね。
こんなものが新品で売っているわけはないので、やはり今回も中古で購入。
前のマザーボードも中古で購入して、しかも不良品だったので中古で購入するのはいやだったのですが、中古でしか売っていないので仕方がない、ということで中古で購入。
中古で買う時にはちゃんと説明書きを読んで、信頼できそうな物を選びました。

んで、交換後のマザーボードにした結果、マザーボードのオーバークロック耐性が高いのか以前のより簡単にクロックアップができるようになりました。
なんか知りませんけどよく冷えてますね、そしてクロックアップしても安定している。
この辺もかなり勉強になりましたね、やっぱりCPUのオーバークロックにはマザーボードが相当関係しているということですね。
私は「CPUのオーバークロックにマザーボードは関係ねぇだろ、CPUとクーラーの問題だろ」とか、そんな風に思っていたのですが大間違いでした。
これはPCを新調する時にかなり参考になる出来事だったので、やっぱり不良マザーボードを手に入れてよかったのかなぁとか思ってしまいましたね。

いくらCPUのオーバークロック耐性が高くても、マザーボードが貧弱じゃどうにもならないってことですね。
PCでゲームをするんなら安物のマザーボードは控えて(安物でもいいと思っていたからね)、性能のいいマザーボードを買った方がよさそうです。
 

てことでマザーボード交換の様子


もうPCケースから取り外しちゃってますが、これが前に使っていたマザーボード。


ケースから取り外すどころかメモリやグラフィックボードまでもう取り外しちゃってます。
あと残すはCPUとCPUクーラーの取り外しですね、まぁこれが1番面倒な作業なわけですが。

マザーボードからCPUとクーラーを取り外しました、そしてこびりついていたCPUグリスをきれいに拭き取りました。



こちらは新しいマザーボードにCPUを取り付けている様子(もうはめ込んじゃってるけど)。


CPUにグリス(安物です)を塗る作業に入ります。


なるべく薄く均等に平べったく、グリスをCPUに塗ります。


んで、CPUクーラーを取り付けました。


このクーラーの取り付け作業が1番面倒で時間がかかりました。
ソケットがLGA775のせいかな?最近のマザーボードのCPUクーラーの取り付け方って知らないのですが、LGA775ソケットの物はクーラーの取り付けが非常に面倒ですね。
やっていてイライラする。

クーラーを取り付け終わって、PCケースにマザーボードを取り付けた様子。


ここでPCケースの蓋を閉め、電源を入れてみます。
すると電源が入る→電源が切れる→電源が入るという動作を延々と繰り返すので、やっちまったかな(マザーボードが不良品だったとか、静電気でマザーボードを破損させてしまったとか)と思ったのですが、メモリが正常にはめ込まれていないだけでした。
メモリはしっかり押し込んではめ込まないとダメですね、まぁこれは分かっていたことですけど。

そして、その後無事BIOSの起動を確認。


そのあとちゃんとWindowsも立ち上がりました、よかったです。
 

オーバークロックした


んで、先ほども書きましたが早速オーバークロックを試してみました。
使っているCPUはCore2QuadのQ9550なのですが、以前はどうあがいても3.40GHzしか上がらなかったんですよね。
それ以上、上げようとするとPCが不安定になったり、CPU温度が上昇してこりゃダメだ、という感じだったのですが、今回のマザーボードではあっさりと3.60GHzまでオーバークロックできました。
ん〜、実のところは3.80GHzぐらいまで平気でいけたんですけど、高負荷時のCPU温度が気になったのでやめときました。
負荷をかけて70℃に達しないぐらいのところにしときました、まぁ3.70GHzでも全然いけるんですけど、なんとなく3.60GHzにしときました、この辺は気分ですね。
 

まとめ


マザーボードの交換で正常にPCが動くようになってよかったです。
前のマザーボードでは気温が10℃より高い状態でもPCが1発で起動しなかったりしましたからね。
今のマザーボードでは気温が5℃とか6℃とかでも全然平気で起動できるようになりました。
そしてスリープからの復帰も正常、これ重要です、私はしょっちゅうPCをスリープさせるので。

前のマザーボードはコンデンサか何かがもう弱っていたんですかね。
見た感じでは何ともなかったんですけど、寿命が来ていたのかな、まぁこの辺の知識も乏しいので詳細は分からないのですが。

そんな感じです。


コメント
コメントする








   
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スマートフォン表示(スマートフォンのみ対応)

サイト内の記事を検索

カテゴリー

新しい記事

新しいコメント

  • 【Steam】Brawlhalla(ブロゥルハラ)【対戦アクション】○
    ここ
  • 【Steam】BattleBlock Theater【アクション】×
    やむ
  • MARSHALのHDDスタンド(MAL-4935SBKU3)を買いました
    管理人
  • MARSHALのHDDスタンド(MAL-4935SBKU3)を買いました
    げん
  • FFBE クエスト「夢のお告げ」 メモ ハンガーを倒せ!
    管理人
  • FFBE クエスト「夢のお告げ」 メモ ハンガーを倒せ!
    通りすがったネコ
  • TOSHIBAのHDDを買いました
    管理人
  • TOSHIBAのHDDを買いました
    通りすがり

月別の記事