TEKK.coについてのご案内はこちら

【Steam】Call of Juarez: Gunslinger【FPS】○

西部劇風のFPS「Call of Juarez: Gunslinger(コールオブファレス ガンスリンガー)」です。まぁ、面白いですね。

西部劇風というのが独特


このゲームのSteamでのページはこちら

普通「FPS」というとSF物とか現代物、あとはゾンビ系物などが多いのですが、このゲームは西部劇風ですね。
ウエスタンな感じなので、種類の少ない部類のFPSだと思います。

まぁ、そんな感じの「Call of Juarez: Gunslinger」ですが、ゲームはちょっと難しいながらも面白いですね。
撃っている感じは気持ちがいいし、銃を撃つ快感があって楽しいです。
西部劇風の雰囲気も相まってか、一層ゲームを面白くしているような気がします。
 

しかし敵がどこにいるのか把握しにくい


これがこのゲームを難しくしている要素だと思います。
敵はこっちの位置を完全に把握しているのに、こちらは敵に攻撃を加える前にまず敵を見つけなければなりません。
いついかなる時も敵はこちらの位置を把握しています、この辺はちょっと理不尽ですね、こっちは敵を探さないといけないのに!

このようにゲームを進めようとしている時に、いつの間にか敵の攻撃を受けています。



なんで攻撃くらってんだ。
どこから撃ってんだよ!
そう思い、周りを見渡してみるのですが、周りを見渡しても敵を見つけにくい。


上の画像では、私が敵の位置を完全に把握できていなくて、照準が敵を通り過ぎていますね。
そして、そんな敵を探している時にも敵は攻撃してくるし、なんだかなぁという感じです。
上の画像で敵の位置が分かるでしょうか、まぁ画像を拡大していただければお分かりになると思いますが、左手に持った銃の少し右側に敵がいますね。
このように普通の状態でも敵の位置が確認しにくい、そして敵はこちらの位置を「完全」に把握している。

まぁ、そんな理不尽な要素のあるゲームですが、敵を撃つ快感だけは他のFPSより優れているような気がするので私は面白いと感じています。

敵を撃つのは楽しいんだよなぁ。


 

隠れながら戦うのも楽しいね


これはFPSのゲーム全般に言えることかもしれませんが、建物や木などに隠れながら敵と戦うのも楽しいです。

下の画像では、木に隠れながら敵の位置を探っています。


敵を見つけました、でも画像を拡大しないと完全に分からないですね。


このように敵の位置を把握するのがちょっと難しいゲームですね。
そして何度も言いますが、敵はこちらの位置を「完全」に把握しています、理不尽すぎます。

攻撃を受けながらも、こちらも銃を撃ちまくります。



倒せるかなと思ったのですが、物陰に隠れてしまいました。


しかし、物陰から出てきたところを撃って倒します。



無事、敵を倒せましたね。

本当にね、銃を撃っている時は気持ちがいいんですよ。
銃を撃っても爽快感のないFPSや、全然気持ちのよくならないFPSがその辺にゴロゴロと転がっていますが、このゲームは銃を撃つのが気持ちのいいFPSです。
まぁ、私に合っているだけかもしれませんが、私は好きですね、このゲーム。

あとはライフルで敵を撃つのが気持ちよかったですね。



遠い所にいる敵をライフルで仕留めた時なんかは、かなり気持ちがよいです。
これは、なんのFPSやっててもそうかもね。
 

他の戦闘モードとか


他にも「早撃ちモード」とかいうものがあるのですが、この辺はあまり好みじゃないかな。


左上にある銃のゲージ(上の画像ではゲージがなくなりかけてますが)を使って「早撃ちモード」ができます。
このモードは「早撃ち」になるというか、時間の進みが極端に遅くなるモードで、時間の進みが遅くなる割りには自分だけ通常のスピードで銃が撃てるというモードです。
敵の動きがスローモーションになるのに、こちらは通常に動ける、そういったモードですね。
なので早撃ちと言えば、まぁ早撃ちなのかな。

あとはこれ、西部劇の映画などでもよくある1対1の早撃ち対決。


これなくてもよかったですね、ていうかない方がよかった。
いらない。
マウスで敵にフォーカスを合わせるのですが、これが非常に合わせづらい。
あと「A」キーと「D」キーで手の位置を銃に近づけるのですが、これもかなりやりづらい。

そして、勝負の時がやって来ます。
敵が銃を抜いたと思ったら、こちらはそれより早く銃を抜いて敵を撃たなければなりません。
独特のモードなので説明しづらいですが、まぁいらないかと、これのせいでゲームの進行が滞るのでできればなくして欲しかった。

まぁ、そんな感じですね。
 

感想


他にもストーリーとかが結構独特なのですが、ストーリーには興味がなかったので何も書きませんでした。
ビリー・ザ・キッドだっけ、そんなキャラも出てきましたが、ただのゲームの登場人物という認識にしか至りませんでした、私の場合。
とにかく銃を撃つのが楽しい、そんな印象のゲームですね。

以上です。


コメント
コメントする








   
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スマートフォン表示(スマートフォンのみ対応)

サイト内の記事を検索

カテゴリー

新しい記事

新しいコメント

  • MARSHALのHDDスタンド(MAL-4935SBKU3)を買いました
    管理人
  • MARSHALのHDDスタンド(MAL-4935SBKU3)を買いました
    げん
  • FFBE クエスト「夢のお告げ」 メモ ハンガーを倒せ!
    管理人
  • FFBE クエスト「夢のお告げ」 メモ ハンガーを倒せ!
    通りすがったネコ
  • TOSHIBAのHDDを買いました
    管理人
  • TOSHIBAのHDDを買いました
    通りすがり

月別の記事