TEKK.coについてのご案内はこちら

So-netの「0 SIM」使ってる

今はDMMのライトプランを解約して、デジモノステーション2016年2月号に付いていたSo-netの「0 SIM(ゼロ シム)」を使っています。月間のデータ通信量が500MB未満なら料金は一切かからないという夢のようなSIM。運良く雑誌を手に入れることができてよかったです。

本当に一切料金がかからないのね


運良く手に入れることができたデジモノステーションの2016年の2月号。
もう売ってないね、さすがに。
ていうか買ったの去年(2015年)の年末だからね、その時点でほとんど売っていなかった状況だから今更売っているわけない。


んで、それから雑誌に付録されていた「0 SIM(ゼロ シム)」を使っているわけですが、月間のデータ通信量が500MBを超えることなんてまずないですね。
というか、DMMのライトプランを使っていた時でさえ500MBを超えることはありませんでした、かなり使ったつもりだったんですけどね。
毎日ツイッターをほぼ常時見ているという状態でしたが500MBを超えることはありませんでした、ツイッターぐらいならほとんど通信量かからないのね。

ちなみに、先月の「0 SIM」でのデータ通信量はこんな感じ。


もう全然使ってないですね。
500MBどころか50MBちょっとしか使っていない。
まぁ、極力通信するのを控えたりもしたからね、それでも車に乗りながらマップのナビを使ったりしていたのですが、通信量はこんなもんですね。
マップのナビはあんまり通信量がかからないのかな、詳しいことは知りませんが。

んで、この「0 SIM」のすごいところは月間のデータ通信量が500MB未満なら一切料金がかからないということ。
そして、雑誌の表紙にも書いてあるように初期手数料も無料。


これはすごいねぇ、本当に買ってよかったですよ。
今でも某オークションで取引がされていますね、まぁ定価の3倍ぐらいの価格になっていますが…。
まぁ、割高価格となってはいますが、それでも手に入れる価値はあるんじゃないのかなぁ…とか思ってしまいます。
 

So-netの「0 SIM」が正式にサービスを開始しました


んで、このSo-netの「0 SIM」なんですが正式にサービスを開始したようです。
公式ページはこちら

「0 SIM」の正式サービス版では、SMSや音声通話なんかもできてしまいます。
デジモノステーション付録の「0 SIM」ではデータ通信だけでしたけどね。

しかし、正式サービス版の「0 SIM」では初期費用が3000円程度かかってしまいますね、雑誌の付録のは無料だったのですが。
でも、初期費用がかかるとはいえ、データ通信のみなら月額料金は0円です(月間のデータ通信量が500MB未満ならね)。


そして、1年縛りがあるとはいえ、データ+音声プランが月々700円から使えるというのはものすごく安いですね。


デジモノステーション付録の「0 SIM」だとデータ通信しかできないので、音声通話用の端末の他に別途端末を用意するか、いちいちSIMカードを入れ替えたりしなければいけないので非常に面倒です。
それが1枚のSIMカードで済むんですからいいですね、外出先でのデータ通信もどうせ500MBを超えることはないだろうし。
今は音声通話はdocomoのキャリアを利用していますが、2年縛りが解けたらSo-netの「0 SIM」に乗り換えてしまおうかと思っています。
まぁ、2年縛りが解けるのはまだ先ですし、その頃の「0 SIM」の状況が分からないので、まだ何とも言えませんけどね、でも可能性は高いかな。
 

感想


もうだいぶ時期遅れの報告となってしまいましたが、デジモノステーションに付いていたSo-netの「0 SIM」を使っているという記事でございました。

でも正式サービスが開始したのは大きいね、詳しいプラン内容とかはほとんど知りませんが他の格安SIMサービスなんか目じゃないんじゃないかぐらいのサービスですね。
DMM mobileなんてもう使ってられないね、今まで散々お世話になりましたけどね、でも「0 SIM」の方が魅力的だもん…。

そんな感じです。

あと!最後に言っておきたいこと。
「Nano SIM」を「Micro SIM」に変換するアダプタがAmazonで激安で売られていますが、コレで私は端末のSIM挿入部分をぶっ壊しました。

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット ホワイト For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード

新品価格
¥50から
(2016/2/16 14:41時点)



デジモノステーションに付録されているSIMカードは「Nano SIM」カードなので、「Micro SIM」として使えるようにアダプタにはめ込んで端末に挿入したら抜けないでやんの!
前知識持っておけばよかった−!もう最悪でした、まぁ勉強にはなったけれども。
その後は自分でSIMの挿入部分を分解したり、半田まで持ち出して修理して使っています。
なので変換アダプタを使う時は要注意です!
両面テープでしっかりと固定すればいいとかいう記述をどこかで見ましたが、本当にその通りかもしれません。
普通にはめ込んだらポロッと取れて、アダプタがSIM挿入部分に引っかかり、無理矢理ひっこ抜いたらSIM挿入部分のピンが折れました、その後は普通のdocomoの「Micro SIMカード」を入れても「SIMカードが挿入されていません」とかいう通知が出る状態。

あの時はマジで焦ったなぁ、端末が使えなくなると思いましたから。
まぁ、「Wi-Fiのみ」の端末として使うことはできますが、そんな端末いらんわ、ゲーム用途にしかならねぇじゃねぇか。

以上です。


コメント
コメントする








   
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スマートフォン表示(スマートフォンのみ対応)

サイト内の記事を検索

カテゴリー

新しい記事

新しいコメント

  • 【Steam】Brawlhalla(ブロゥルハラ)【対戦アクション】○
    ここ
  • 【Steam】BattleBlock Theater【アクション】×
    やむ
  • MARSHALのHDDスタンド(MAL-4935SBKU3)を買いました
    管理人
  • MARSHALのHDDスタンド(MAL-4935SBKU3)を買いました
    げん
  • FFBE クエスト「夢のお告げ」 メモ ハンガーを倒せ!
    管理人
  • FFBE クエスト「夢のお告げ」 メモ ハンガーを倒せ!
    通りすがったネコ
  • TOSHIBAのHDDを買いました
    管理人
  • TOSHIBAのHDDを買いました
    通りすがり

月別の記事