TEKK.coについてのご案内はこちら

【Steam】ESCHATOS(エスカトス)【シューティング】○

わりと普通な感じの国産シューティングですね。つまらなくはないです。

面白さとしては普通


このゲームのSteamでのページはこちら

このゲームなんですが、縦スクロールのシューティングゲームですね。
こういった感じの。


たまに角度が変わったりしますが、基本は縦スクロールのシューティングゲームです。



斜めになったりもしますね、でもこれといって特筆するべきところでもありません。


このゲームの変わったところとしてはバリアが使えるところと、自機のスピードが変えられるところでしょうか。



敵の攻撃をバリアで跳ね返しています。
まぁ、このバリアも無限に使えるわけではなく、左にゲージがあってゲージがなくなったらバリアが使えなくなります。

あと自機のスピードが変えられるシステムですが、上の画像の左下に「SPEED」と書かれているところがあり、ボタン1つで自機のスピードを変えることができます。
自機のスピードを速くしたり遅くしたりできるのですが、私はあまりこの機能は使いませんでした。
弾幕っぽいところで自機のスピードを遅くするのもアリだとは思いますが、スピードを切り替えるのが段階式なので1発で思い通りのスピードに変えられるわけではありません。
ボタンを押すごとに1段階2段階とスピードが変わっていくわけですが、自機のスピードは4段階ぐらいあるのでいちいち切り替えていられるか!という感じでした。
だからずっと同じスピードで遊んでいましたね、だって弾が避けられなくてもバリアがあるからそこまで困らないし…。
まぁ、イージーモードで遊んでいるというのもあるかもしれませんけどね、難しいモードで遊んだらこのシステムが必要になるのかも。
 

弾幕系では無いと思う


中には弾幕系シューティングっぽい敵の攻撃もあったりしますが、ほとんどないので弾幕系ではないですね。


例え弾幕系だとしてもバリアがあるのでそこまで困らない。
 

気になったこと


このゲームを遊んでいて気になったこと、それは過去のシューティングゲームを彷彿とさせるような敵の配置などがあったことですね。

これなんかはインベーダーゲームなんかを彷彿とさせますね、あとはギャラガとかそんなゲームを。


これは遊んでいて本当に面白かった部分です。
マジで「スターソルジャー」じゃねぇか!と思いました。




敵の出方から敵の移動の仕方などは、ファミコンのスターソルジャーの最初の部分を思い浮かべてしまいました。
 

感想


まぁまぁ特徴的な部分もあるこの「ESCHATOS(エスカトス)」ですが、そこまで変わった要素もなかったですし、爽快感もそれほど…という感じでした。
インディーズのシューティングゲームよりは遥かに面白いですが、もっと面白いシューティングゲームを知っているので、面白さとしては最初に書いたとおりまぁまぁ普通…と言ったところ。
面白いか面白くないかで言われれば、面白いとは答えるでしょうけどね。
私はシューティングゲームが好きなのでこのゲームを買いましたが、シューティングが特に好きではない人にはあまりオススメできないかな。
価格設定が安いのはいいですけど、これを買うなら(Steam内のゲームなら)「デススマイルズ」とか「虫姫さま」を買った方がいいのではないかと思います。

このゲームは2011年にXbox360用のソフトとして発売されたみたいですが、2011年にこのクオリティのゲームはちょっといただけないって感じですね…個人的には。
過去を振り返ってゲームを作るのもいいですが、遊ぶ側としては新しいものを求めますからね。
昔とそこまで変わってないゲームを2011年に作られても…という感じです。
3Dの描写はよかったですけどね。

なんだかんだ書いていますが、ゲームは面白いです、まぁ普通に面白いという感じです。

以上です。


コメント
コメントする








   
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スマートフォン表示(スマートフォンのみ対応)

サイト内の記事を検索

カテゴリー

新しい記事

新しいコメント

月別の記事